高知
興洋フリーズ

骨切りうつぼの唐揚げ

獰猛な性格で「海のギャング」とも呼ばれるうつぼ。蛇のような見た目から敬遠する人も多いですが、実は栄養豊富で大変美味。高知県では昔からたたきや天ぷらにして食べています。
難点は一般の流通が少なく、下処理が大変なことですが、「興洋フリーズ」の「骨切りうつぼの唐揚げ」なら、凍ったまま油で揚げるだけなので簡単に、美味しいうつぼの唐揚げが食べられます。ぷに、くにゅの独特の食感はくせになること間違いなし。家飲みのおつまみにぜひどうぞ。
高知県産の天然うつぼ
「興洋フリーズ」の「骨切りうつぼの唐揚げ」は、脂がのった高知沖の天然うつぼを使用。熟練の職人が、ぬめりを落として骨切りをするので生臭みもなく厄介な小骨が舌に触ることもありません。
下味付きなので油で揚げるだけ
「興洋フリーズ」の「骨切りうつぼの唐揚げ」は、下味をつけた後片栗粉をまぶして冷凍してあるので、後は油で揚げるだけです。パラパラの個別冷凍になっているので、食べたいときに食べたい分だけ取り出せてとても便利です。
味はついていますが、レモンをぎゅっと絞って食べても美味しいです。
コラーゲンたっぷり
うつぼの身は、鶏肉に似た淡泊な味わいですが、ゼラチン質が多く、コラーゲンがたっぷり。ぷにぷにの皮にもコラーゲンが豊富に含まれています。ヘルシーで美味しく、美容にも役立つとくれば、お酒のおつまみにしない手はありません。
うつぼの唐揚げは、鶏の唐揚げ同様、ビールに日本酒、焼酎にハイボール、ワインと、どんなお酒とも相性抜群です。鶏肉とはまた違った独特の食感は一度食べたら病みつきになること間違いなしです。

TOP