香川
網元大将

幻の極細ちりめんじゃこ

糸のように繊細な極細のちりめんじゃこは、産地でもなかなか手に入らない超貴重品。ふんわりと優しい食感は、一度食べたらくせになります。一般に流通することはほとんどない、まさに「幻の」ちりめんじゃこ。ご飯のお供に、お酒のおつまみに、これ以上の贅沢はありません。
わずかしか水揚げされない希少品
ちりめんじゃこは、カタクチイワシの稚魚ですが、資源保存のためあまりにも小さいサイズの漁獲は禁止されています。本来なら小さなカタクチイワシは、網の目をすり抜けますが、稀に逃げられずにそのまま水揚げされてしまうものもあります。そんな、偶然網にかかった極小サイズのカタクチイワシを集めたものが、極細ちりめんじゃこです。
もともとが規格外の、たまたま網にかかったものなので、絶対量が少なく本当に貴重で、一般に流通することはまずありません。
産地だから可能な「幻の極細ちりめんじゃこ」
まず一般では手に入らない極細ちりめんじゃこですが、「網元大将」では、産地ならではの強みで、商品化に成功。ふんわりとした食感の極細ちりめんじゃこは、普通のちりめんじゃことはまた違った美味しさで食べた人を魅了します。
つくだ煮やちりめん山椒に最適
繊細で主張し過ぎない極細ちりめんじゃこは、噛みやすく味の馴染みが良いのも特徴の一つ。塩分も控え目なので、佃煮やちりめん山椒にはうってつけです。
「網元大将」の「幻の極細ちりめんじゃこ」は、日本全国でも有数の漁場である瀬戸内海のカタクチイワシの稚魚を使用。その中でも偶然混獲された規格外の極細の稚魚を選別したものです。味、風味、食感共に申し分なく、幻のちりめんじゃこと呼ぶにふさわしい一品です。チャーハンに、パスタに、卵焼きやかき揚げに、サラダや佃煮にとアレンジは無限大。家飲みのおつまみにも最高です。

TOP