京都
加茂女の台所

京都山城たけのこのオイル漬け

環境や生態系への影響、災害防止の観点からも問題視されている放置竹林を有効利用しようと立ち上がったNPO法人「かもめ」。加茂の女性たちが中心に活動する環境保全グループで、「加茂女の台所」は、食べて竹を減らそうと、筍を使ったいろいろな食品をリリースしています。
「京都山城 たけのこのオイル漬け」は、京都山城産の新鮮な筍を、オリーブオイル、にんにく、唐辛子に漬けた洋風テイストの瓶詰です。そのままおつまみにしても、パスタに使っても美味しい新感覚の筍を、是非ご賞味ください。
食べて環境保全
かつては日本人の生活になくてはならない素材だった竹ですが、プラスティック製品などに押されて需要は減少の一途を辿っています。そのため、日本各地に放置竹林が増え、観光への影響が懸念されています。
NPO法人「かもめ」は、そんな放置竹林を有効活用しつつ減らしていこうと活動する環境保全グループで、竹や筍を使った商品開発に積極的に取り組んでいます。
「京都山城たけのこのオイル漬け」もその一つです。
竹林の恵みをいただく
「加茂女の台所」の「京都山城たけのこのオイル漬け」は、 京都山城産の筍をにんにくや鷹の爪で洋風に味付けしたおしゃれな一品。オリーブオイルの爽やかな香りも筍の素朴な風味を引き立てます。そのままお酒のおつまみにしてもいいですし、パスタやピザにもぴったり。いろいろなアレンジができるのでとても便利です。
和食のイメージが強い筍ですが、オリーブオイルやにんにくを使った「加茂女の台所」の「京都山城たけのこのオイル漬け」は、洋食にもよく合います。もちろんそのまま食べても美味しく、ビールやワインのおつまみにぴったりです。家飲みのおつまみにぜひお試しください。

TOP