福井
港ダイニングしおそう

さばのへしこ

福井県の伝統珍味「へしこ」は、熟れた魚の旨味と米糠の風味がたまらない、石膏のお酒のおつまみです。「港ダイニングしおそう」の「さばのへしこ」は、脂がたっぷりとのったノルウェー鯖を、1年かけて熟成させた絶品です。1本丸ごとの鯖をそのままの姿でお届けします。食べる分だけ切り分けてお召し上がりください。
福井県観光土産推奨品
福井県の郷土食である「へしこ」は、県内でたくさん製造販売されていますが、「港ダイニングしおそう」の「さばのへしこ」は、生産量トップクラス。福井県優良土産品として推奨されている名品です。
こだわりの糠床
脂がのった鯖を漬け込む糠床は、言わばへしこの命。家庭ごと、企業ごとにこだわりの配合や秘訣があります。
「港ダイニングしおそう」では、専属農家の作る福井県産コシヒカリの米糠のみを使用。塩は素材の味を生かすミネラルたっぷりの赤穂産の自然塩をベースに独自にブレンドしたもの、米麹は、厳選した米を厳密な温度管理で育てた生きた麹を使っています。
食べ方いろいろお酒のおつまみに最高
「へしこ」は、1cmくらいの厚さに切って、さっと糠を落としてから軽く炙って食べると、ご飯のお供にお酒のおつまみに最高です。塩気が強いので、お茶漬けにするのもおすすめ。
地元では、お寿司のネタにしたり、お刺身にして食べたりと、生のまま食べる人も多いです。福井県が誇る絶品珍味、ぜひ生で食べてみてください。こんがりと香ばしい炙りとは一味違った美味しさに出会えます。
お隣の石川県は「こんか漬け」で有名ですが、福井県の伝統食と言えば「へしこ」です。どちらも青魚を塩漬けにしてから糠に漬け込む熟れ寿司ですが、微妙に味が違うのも面白いです。どちらも食べたことがない人はもちろん、いつもは「こんか漬け」派の人も、今夜は「へしこ」で家飲みしてみませんか?地元の人を見習って生でおつまみにすれば、福井の居酒屋にいるような気分になれるかもしれませんよ。

TOP