石川
西海水産

能登 もみいか

イカの漁港として知られる小木港の新鮮なイカを使った「西海水産」の「能登 もみいか」は、肝の濃厚な旨味がたまらない絶品珍味です。軽く炙っておつまみにすれば、ビールや日本酒がどんどん進みます。
「もみいか」とは
「もみいか」は、小さめのイカの肝を抜かずに丸ごと干した石川県の名物干物。石川県特産の魚醤「いしり」に漬け込んだイカを、文字通り手で揉んで、肝の風味を身に馴染ませてから日干しにします。
するめいかより濃厚で風味豊かな「もみいか」は、居酒屋でも人気のメニュー。お酒のおつまみに最適です。
通は手で裂いておつまみに
「能登 もみいか」は、小さめのイカを丸ごと干してあるので、食べるときは食べやすく切っていただきますが、通は手で裂いて食べます。そうすると、包丁でカットしたときより格段に美味しく感じるそうです。肝は除いてもいいですが、イカ好き、お酒好きならもちろんそのままで。肝の濃厚な旨味は、一度食べたら病みつく美味しさです。
環境にも体にも優しい完全無添加自然食品
「西海水産」の工場は、能登半島国定公園の中にあり、周囲の環境への配慮は創業当時から。「能登 もみいか」も、添加物、化合物などは一切無添加。環境にも体にも優しい能登の名物です。
焼き過ぎに注意
干物は押しなべてそうですが、「能登 もみいか」の、焼きすぎると硬くなるので注意が必要です。魚焼きグリルかオーブントースターで炙って食べるのがおすすめですが、表面にうっすらと焦げが付いたら食べごろです。焼く前に数分日本酒に浸けておくと、冷めてもふっくらと美味しいもみいかが楽しめます。
イカに肝の濃厚な旨味が加わって、お酒好きにはたまらない「西海水産」の「能登 もみいか」。噛めば噛むほど味が出て、いくらでもお酒が飲めてしまします。イカ好きはもちろんのこと、家飲みでもおつまみに妥協したくない人に、ぜひおすすめです。

TOP