岩手
宮古マルエイ

温泉かれい

カレイの干物一筋の老舗「宮古マルエイ」の商品の中で、長年人気ナンバーワンを誇るのが、北陸の名物「温泉かれい」です。頭と骨を取ったかれいの干物をさっと炙った「温泉かれい」は、食べやすく、子どやお年寄りにもおすすめ。酒の肴にも最適です。
温泉かれいとは?
一般の人には聞き慣れない「温泉かれい」。温泉地で獲れるかれい?温泉で茹でるかれい?と疑問はつきませんが、「温泉かれい」とは、北陸の温泉地の旅館や民宿で、朝食に出されていたかれいの干物のこと。頭と骨を取って開いてあるのが特徴で、食べやすいので人気があります。
丁寧な手作業が生む絶品
かれいは粘性で、海底の砂の中にいることが多いので下処理が面倒。鱗も細かいので、機械任せだとどうしても品質に問題が残ります。そこで、「宮古マルエイ」では、一匹一匹個性を見極め、すべて手作業で処理しています。
おじいちゃん、おばあちゃん世代が作っていくれた朝ごはんの味、それが「宮古マルエイ」の「温泉かれい」の基準です。
お酒のおつまみのテッパン、魚の干物ですが、骨があって食べにくいと敬遠する人も多いです。「温泉かれい」は、、旨味が濃くて美味しいけれど、小骨が多くて食べにくいというかれいの干物の欠点を見事に克服した優れもの。魚嫌いにもおすすめです。
骨を気にせずサクサク食べられるので、家飲みのおつまみにすれば、お酒がどんどん進みます。
ゴミも少なく、後片付けも簡単な「温泉かれい」はおつまみにもってこい。まとめ買いしておけば、いつでも気軽に家飲みが楽しめます。

TOP