愛媛
堀本かまぼこ

上じゃこ天

愛媛のソウルフード、じゃこ天。魚の旨味がギュッと詰まったじゃこ天は、そのままでも、さっと炙っても、お酒のおつまみにぴったりです。県外にもファンが多い創業1930年、90年以上の歴史を誇る「堀本かまぼこ」が作る特選「上じゃこ天」は、歯ごたえがよく、噛むと魚の風味が口いっぱいに広がります。これさえあれば、家飲みのおつまみは万全です。
じゃこ天とは
じゃこ天は、愛媛県南予地方の海岸部の特産物。1匹では商品にならない雑魚を原料にしたことから雑魚天(じゃこてん)と呼ばれます。とはいえ、豊かな漁場である瀬戸内海の新鮮な地魚を使ったじゃこ天は、魚の旨味たっぷり。ご飯のおかずに、お酒のおつまみに、おやつに、軽食にと大活躍の一品です。
魚の旨味たっぷり
じゃこ天は、すりつぶした魚の形を整え、油で揚げたさつま揚げのようなものです。そのまま食べても美味しいですが、軽く炙ると魚の風味がより際立って焼き魚を食べているような感覚になります。大根おろしと醤油を添えると立派なメインになります。
その他にも適当な大きさに切って炒め物に、煮物にといろいろアレンジできて便利です。
リーズナブルで食べ応え十分、魚の旨味がギュッと詰まったじゃこ天は、お酒によく合う絶好の家飲みのおつまみ。魚好きなら虜にならないわけがありません。中でもかまぼこの老舗「堀本かまぼこ」の「上じゃこ天」は、厳選された新鮮な瀬戸内産の地魚を使った一級品です。ぜひ一度お試しください。

TOP