香川
黒川加工食品

しょうゆ豆

四国讃岐地方の郷土食「しょうゆ豆」。「黒川加工食品」の「しょうゆ豆」は、昔ながらの製法にこだわった素朴で懐かしい味。ほんのり唐辛子がきいた甘辛醤油味は、お茶請けに、お酒のおつまみにぴったりです。
「しょうゆ豆」とは
古くから伝わる讃岐地方の郷土食「しょうゆ豆」は、完熟のそら豆を乾燥させてから焙煎し、醤油だれに浸け込んだ素朴なお惣菜です。その昔、四国八十八か所巡礼のお遍路さんが、偶然生み出したと伝えられています。
煎ったそら豆の香ばしさと、噛めばほろりと崩れる独特の食感、素朴な甘辛醤油味は滋味深く、後を引く美味しさです。
手間を惜しまない昔ながらの製法
「しょうゆ豆」は、乾燥させたそら豆を煎って、醤油だれに浸け込んで作ります。かつては各家庭でも作られていましたが、手間暇がかかるため最近では手作りする人は減っています。
「黒川加工食品」では、昔ながらの製法にこだわり、伝統的な「しょうゆ豆」を今に伝えています。もともとは素朴な家庭料理、使う調味料も三温糖、醤油、唐辛子と、特別なものは何も使っていません。じっくりと時間をかけて丹念に焙煎されたそら豆の香ばしい香りと、ほろりとした食感、素朴だけれど奥深いたれの味が、「しょうゆ豆」のすべてです。
しかしながら、「黒川加工食品」の醤油だれは、長年繰り返し使いつつ、継ぎ足し継ぎ足しして育てた特別なもの。長い年月をかけて熟成させた秘伝のたれだからこそ、一度食べたら忘れられない、風味豊かでしみじみと美味しい「しょうゆ豆」が出来上がります。
ほっと心が安らぐような優しい味わいの「しょうゆ豆」で、ゆっくりとお酒を楽しむのも家飲みの醍醐味。茹でたそら豆とは全く違う、独特の食感と風味をぜひお試しください。

TOP