山口
パール食品

あんこうの「い」

ユニークな見た目とは裏腹に、ほとんど捨てるところがない絶品珍味として名高い「鮟鱇(あんこう)」。関東の魚のイメージが強いですが、下関は、あんこうの水揚げ漁日本一。
そんなあんこうの「胃(水袋)」を特製のたれで煮込んだ「パール食品」の「あんこうの「い」」は、お酒のおつまみに、ご飯のおかずにぴったりの珍味中の珍味です。
独特のしこしこ食感
あんこうは、身に加え、皮や肝、胃、ヒレ、えら、卵巣が食用とされ、それらはまとめて「七つ道具」と呼ばれます。あんこうは、骨からも良い出汁がとれ、歯と目以外捨てるところがないと言われるほどの絶品珍味です。七つ道具を全て味わい尽くす「あんこう鍋」は、冬の味覚の王様です。
「七つ道具」は、それぞれに異なる美味しさがありますが、中でも胃は、水袋とも呼ばれ、柔らかくしこしことした独特の食感が魅力です。
鮟鱇の水揚げ日本一の下関漁港
あんこうは、グロテスクな見た目からは想像もできないほど美味しい魚で、「西のふぐ、東のあんこう」と並び称され、江戸時代から珍味として人気がありました。あんこうの全てが詰まった「あんこう鍋」は絶品です。
関東の魚のイメージが強いですが、下関漁港はあんこうの水揚げ日本一を誇ります。「パール食品」では、「あんこう鍋」以外にもあんこうの美味しさを知ってもらいたいと、新鮮なあんこうの胃を丁寧に下処理し、特製の甘辛いたれでじっくりと煮こみ、お酒のおつまみに最適の一品に仕上げました。特産品をいかした珍味「あんこうの「い」」は、山口県推奨の土産物にも認定されています。
珍味と名高いあんこうが手軽に食べられると人気の「あんこうの「い」」。しこしこの食感と、唐辛子がきいた甘辛い味でお酒がどんどん進みます。温めるだけですぐに食べられるのでとても便利。家飲みのおつまみにぜひどうぞ。

TOP