奈良
魚万

さつま揚げ

奈良では知らない人はいない「魚万」は、1901年創業の老舗。「魚万の天ぷら(さつま揚げ)じゃないと食べられない」という人も多い人気店です。ご飯のおかずやおやつ、お酒のおつまみにも最適の「魚万」の「さつま揚げ」はすべて手作り。魚の旨味がたっぷりです。
観光客にも人気
素材にこだわり、手作りにこだわる「魚万」では、揚げたてのさつま揚げが食べられるとあって、地元の人だけでなく観光客も多く訪れます。特に食べ歩きが楽しめる串に刺さったタイプは、行列ができるほどの人気ぶりです。揚げ物は揚げたてをその場で食べるのが一番ですが、「魚万」の「さつま揚げ」は素材の鮮度がいいため、作ってから5日間は、そのままで美味しく食べられるので、お取り寄せや贈り物にもおすすめです。
一から手作り
「魚万」の「さつま揚げ」は、練り物に使う魚はもちろん、合わせる野菜なども吟味を重ね、一つ一つ最後まで丁寧に手作業で作られています。奈良の人々に長く愛され続けている伝統の味は、こうして守られています。
関西では「天ぷら」と呼ばれて親しまれているさつま揚げは、手軽なおつまみやお惣菜にぴったりですが、本当に美味しいものにはなかなかお目にかかりません。奈良の地で120年の歴史を誇る「魚万」の「さつま揚げ」は、数少ない本物のさつま揚げ。煮たり焼いたりおでんに入れたりしていいですが、何もつけずにそのまま食べても十分に美味しい逸品です。家飲みのおつまみにすればお酒がすすむこと間違いなしです。

TOP