岐阜
山味屋

漬物ステーキ

飛騨地方では定番の居酒屋メニュー「漬物ステーキ」。お漬物を油で炒めたヘルシーで食べ応えのある「漬物ステーキ」は、お酒のおつまみに最適。老舗の漬物屋「山味屋」の「漬物ステーキ」は、たれが付いているので手間要らず。マスコミでも取り上げられ話題沸騰の「漬物ステーキ」で家飲みをお楽しみください。
飛騨名物「漬ステ」
地元では「漬ステ」とも呼ばれる飛騨地方の郷土料理「漬物ステーキ」。メディアで紹介されて一躍脚光を浴びました。飛騨では夕飯のおかずにもなるくらいポピュラーな料理で、居酒屋でもおつまみとして人気です。しかし、初めて名前を耳にした人は、何のことかわからないかもしれません。
「漬物ステーキ」とは、よく漬かった漬物を油で炒めただけの庶民的なお惣菜です。漬物をフライパンで焼くことからステーキと名付けられてはいますが、肉は一切入っていません。雪深い飛騨では漬物は大切な保存食ですが、温かいものを食べたいという気持ちから生み出された伝統食です。
一味違う漬物屋の「漬物ステーキ」
「漬物ステーキ」は、飛騨ではどこの家庭でも作る日常的なお惣菜ですが、老舗の漬物屋が作る「漬物ステーキ」は、一味も二味も違います。「漬物ステーキ」は、古漬けの白菜漬けを使うことが多いですが、「山味屋」の「漬物ステーキ」は、同店自慢の赤アブ漬け入り。たれに薬味もついているので、フライパンでさっと炒めるだけで美味しい「漬物ステーキ」が出来上がります。
卵でとじてさらに美味しく
「山味屋」の「漬物ステーキ」は、たれ付きなので調味の必要はありません。きのこや野菜を加えればボリュームアップ。さらに最後に溶き卵を回し入れ、軽くとじれば漬物の酸味や塩気がマイルドになり、栄養もバッチリです。
飛騨人なら居酒屋でオーダーしない人はいないとまで言われる「漬物ステーキ」ですが、全国的な知名度はまだ低く、知らない人も多いです。漬物の味が決めてなので、本当に美味しい「漬物ステーキ」を作ろうと思ったら、好みの味の漬物を探すところから始めなければなりません。
でも、「山味屋」の「漬物ステーキ」さえあれば、飛騨の定番おつまみ「漬物ステーキ」が簡単に作れます。ヘルシーで美味しい「山味屋」の「漬物ステーキ」、家飲みのおつまみにおすすめです。

TOP