岐阜
吉田家

吉田家のかわきも

郡上八幡名物「かわきも」は、肉質が硬く噛み応えのある親鶏を使った、お酒のおつまみにぴったりのB級グルメ。臭みがなく、豚もつや牛もつよりヘルシーなので女性にも人気です。「吉田家のかわきも」は、郡上八幡産の親鶏の肉に内臓やせせり、キンカンも丸ごと入っていろいろな味が楽しめる昔ながらの商品です。
噛めば噛むほど味が出る昔ながらの「かわきも」
「かわきも」は、卵を産まなくなった鶏を食べるために考え出された料理で、郡上八幡の名物になっています。現在では、身が柔らかい若鶏を使った「かわきも」もどきもよく見かけますが、「吉田家のかわきも」は、硬い親鶏の肉を使った正統派。しっかり噛んで食べると肉の旨味がにじみ出します。内臓や皮、せせり、キンカンなど、いろいろな部位が入っているので、食べ飽きることがありません。
フライパンで炒めるだけ
「吉田家のかわきも」は、醤油をベースににんにくや唐辛子で味付けしてあるので、フライパンで炒めるだけですぐに美味しくいただけます。炒め方のコツは、皮にじっくりと火を通してカリカリにすること。生では食べられないので全部中心までしっかりと火を通してください。野菜と一緒に炒めれば、栄養バランスのいいボリュームおつまみになります。
噛むほどに旨味がにじむ「吉田家のかわきも」は、お酒との相性が抜群。硬い肉の美味しさがわかる大人にぴったりのおつまみです。家飲みのおつまみにすれば、美濃の城下町、風情豊かな郡上八幡を旅する気分を味わえるかもしれません。

TOP