鮭のマスタードクリーム

おつまみジャンル:洋食
調理の時間:20分
料理の材料:鮭(サケ) しめじ 玉ねぎ
鮭のマスタードクリーム

近年じわじわと価格が上昇している鮭ですが、昔から鮭は日本人の食卓には欠かせない魚、しかも脳や細胞の老化防止に役立つポリフェノールの一種、「アスタキサンチン」を豊富に含んでいるとあれば、食べない手はありませんよね。
スーパーでお買い得になっている切り落としの鮭を使えば手間いらず、生魚を触るのはちょっと、という人でも大丈夫です。レシピは、皮つきの切り身なら、2切れ分の分量です。

こちらの家飲みおつまみ記事もオススメです!
シンプルおつまみ!もやしお焼き
水菜のゴママヨ和え
千切りキャベツの甘辛豚巻き

おつまみの材料(2人分)

鮭のマスタードクリームの材料イメージ
生鮭200g
しめじ1/2パック
玉ねぎ1/2個
生クリーム150ml
粒マスタード小さじ2
バター小さじ1

鮭のマスタードクリームの作り方

手順1

鮭に薄く塩、胡椒、薄力粉を振ります。

鮭のマスタードクリーム手順1

手順2

フライパンにバターを入れて火にかけ、溶かします。

鮭のマスタードクリーム手順2

手順3

鮭を重ならないように並べ入れます。

鮭のマスタードクリーム手順3

手順4

軽く焼き色がついたらひっくり返します。

鮭のマスタードクリーム手順4

手順5

反対側にも焼き色がついたらしめじと縦に薄切りにした玉ねぎを加えます。

鮭のマスタードクリーム手順5

手順6

玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

鮭のマスタードクリーム手順6

手順7

粒マスタードと生クリームを加えます。

鮭のマスタードクリーム手順7

手順8

軽く煮詰めます。

鮭のマスタードクリーム手順8

家飲みおつまみ完成!

鮭のマスタードクリーム完成

皮が苦手じゃなかったら、皮付きのままぶつ切りにして、皮目からこんがりと焼いてください。皮は香ばしく焼くと生臭みが消えます。

洋食ジャンルの家飲みおつまみレシピ

鮭のマスタードクリーム
鮭のマスタードクリームイメージ
20分
鮭(サケ),しめじ,玉ねぎ

生鮭を粒マスタードと生クリームで煮込んだ温か家飲みおつまみです。

海老のオーロラソースウィスキー風味
海老のオーロラソースウィスキー風味イメージ
20分
海老(エビ),にんにく(ガーリック)

ウィスキーで蒸し焼きにした海老をウィスキー風味のソースで和えた洋風の家飲みおつまみです。

厚切りベーコンとキノコとレンコンの炒め物
厚切りベーコンとキノコとレンコンの炒め物イメージ
20分
ベーコン,しいたけ,にんにく(ガーリック),れんこん,赤唐辛子

厚切りベーコンをじっくりと炒めてから、しいたけとレンコンを加えました。

ナスとピーマンのイタリアン炒め
ナスとピーマンのイタリアン炒めイメージ
10分
なす,バジル,ピーマン

ナスとピーマンをオリーブオイルで炒めてからバジルで香りを付けました。

千切りキャベツの豚ロール
千切りキャベツの豚ロールイメージ
10分
豚肉,キャベツ

豚肉でキャベツの千切りを巻き、こんがりと焼いたお酒のすすむ家飲みおつまみです。

キュウリとキャベツのイタリアン漬け
キュウリとキャベツのイタリアン漬けイメージ
10分
きゅうり,キャベツ

見た目は浅漬けに見えますが、食べてみると洋風です!キュウリとキャベツをオリーブオイルと酢で味付けしています。

タコとトマトのサラダ
タコとトマトのサラダイメージ
5分
タコ,トマト

タコとトマトにオリーブオイルとレモン汁をかけたおつまみです。

ホクホクカリッ!止まらない美味しさ!コンソメ青のりポテト
ホクホクカリッ!止まらない美味しさ!コンソメ青のりポテトイメージ
10分
じゃがいも

カリッとホクホクなポテトです。コンソメと青のりの味付けが止まらない美味しさになりますよ!

TOP