鉄火味噌

おつまみジャンル:和食
調理の時間:5分
料理の材料:ごぼう 生姜(しょうが) 大豆(乾)
鉄火味噌

味噌豆は昔からある保存食で、江戸時代には味噌豆売りが移動販売をしていたそうです。そんな味噌豆を現代風にアレンジして再現してみました。大豆のイソフラボン、牛蒡の食物繊維、発酵食品の味噌で、身体によさそうな気がするでしょう?
保存も効くので多めに作っておくといざという時助かります。
日本酒、焼酎に合います。味噌は愛知の赤味噌(豆味噌)がお勧めですが、他の味噌でも大丈夫です。味噌が辛ければ砂糖を、甘ければ醤油を足して好みの味に調節してください。大豆を炒っていると香ばしい良い匂いがしてきますが、間違ってもポイッと口に入れないでください。火傷をします。素炒りの大豆も美味しいですが、アツアツのところにジュッと醤油を回しかけたものも醤油の焦げた匂いがたまりません。

こちらの家飲みおつまみ記事もオススメです!
ホッとする味!レンコンのピリ辛きんぴら
玉ねぎソースが美味しい!鶏の煮込み
梅入りで爽やか!ツナ白菜の和え物

おつまみの材料(2人分(保存用含む))

鉄火味噌の材料イメージ
大豆(乾)1/2カップ
生姜親指の先くらい
ごぼう1/3本
豆味噌(赤味噌)大さじ3
胡麻油小さじ1/2ほど
大さじ1
味醂小さじ1
砂糖小さじ1

鉄火味噌の作り方

手順1

生姜はみじん切りに、牛蒡はささがきにしてさっと水に晒し、
笊に上げておきますます。

手順2

大豆をさっと洗って水気をきれいに拭きます。
水を吸わせないように手早くします。
硬く絞った濡れ布巾で拭いても良いです。

手順3

フライパンに大豆を入れ、中火にかけて炒ります。
フライパンをゆすって転がしながらパチッと弾ける音がするまで炒ります。大豆のお腹に裂け目ができ、ほんのり焼き色が点けばOKです。

鉄火味噌手順3

手順4

胡麻油、生姜、牛蒡を加え、炒めます。

鉄火味噌手順4

手順5

牛蒡がしんなりしたら、味噌、酒、味醂、砂糖を加えて焦がさないように
練り混ぜながら炒めます。

鉄火味噌手順5

家飲みおつまみ完成!

鉄火味噌完成

作りやすい分量です。出来立てが美味しいですが、冷蔵庫で一週間ぐらい保存できます。
乾燥しないように密閉できる容器に入れてください。
好みで牛蒡は省略してもかまいません。大豆は国産の物を使います。食べる味噌汁みたいなイメージです。

和食ジャンルの家飲みおつまみレシピ

おなかもスッキリ!ゴボウと大根のゴママヨサラダ
おなかもスッキリ!ゴボウと大根のゴママヨサラダイメージ
10分
ごぼう,大根

ゴボウと大根のマヨゴマサラダです。ほんのり甘めのデリ風な味わいが美味しいですよ♪

明太子の海苔巻きサラダ
明太子の海苔巻きサラダイメージ
5分
明太子,きゅうり,みょうが,カイワレ大根,大葉(青じそ),たくあん,海苔(のり)

胡麻油を混ぜた明太子と、薬味野菜を海苔で巻いた家飲みおつまみです。

ハムともやしの春巻き
ハムともやしの春巻きイメージ
20分
ハム,もやし,春巻きの皮

もやしとハムに下味をつけ、春巻きの皮で包んで揚げ焼きにした家飲みおつまみです。

さっぱりカニカマ
さっぱりカニカマイメージ
5分
わかめ,かぼす,かにかま

ワカメとカニカマにカボス果汁をたっぷりかけ、ポン酢と胡麻をかけたおつまみです。

木綿豆腐と青じそのモチモチチジミ
木綿豆腐と青じそのモチモチチジミイメージ
20分
大葉(青じそ),豆腐

木綿豆腐と青じそがたっぷり入ったもちもち食感のチジミです。かつお節入りで風味豊かですよ!

たっぷり薬味入りのたれが美味しい!ナスの揚げびたし
たっぷり薬味入りのたれが美味しい!ナスの揚げびたしイメージ
20分
なす,大葉(青じそ),生姜(しょうが),長ねぎ

ネギや青じそなどたっぷりの薬味が入ったつゆに揚げナスを入れました。ジューシーで満足できる美味しさです。

シャキシャキとろ~り♪レンコンと青のりのチーズ絡め
シャキシャキとろ~り♪レンコンと青のりのチーズ絡めイメージ
10分
れんこん,チーズ

レンコンを炒めてから青のりとチーズを入れて仕上げました。シャキシャキ食感で止まらなくなります。

カリッと焼いて♪豚肉のシソチーズ巻き
カリッと焼いて♪豚肉のシソチーズ巻きイメージ
20分
豚肉,大葉(青じそ),チーズ

豚肉に青じそとチーズをはさんでからオリーブオイルでカリッと焼きあげました♪

TOP