そのままハンバーグ

おつまみジャンル:洋食
調理の時間:5分
料理の材料:牛ひき肉 にんにく(ガーリック)
そのままハンバーグ

外国のレストランでハンバーグを頼むと、牛の赤身の挽き肉をそのままレアに焼いただけのものが出てくることがあります。つなぎも玉ねぎも何も入っていない、ハンバーグは衝撃的ですが、しっかりと「肉」を食べている満足感があります。良質で新鮮、安全な挽き肉なら表面をカリッと焼くだけで中がレアでもかまいませんが、スーパーの挽き肉を使うなら中までしっかりと火を通しましょう。

こちらの家飲みおつまみ記事もオススメです!
白菜とベーコンのミルフィーユ仕立て
肉々ロール
ツナお焼き

おつまみの材料(2人分)

牛挽き肉100g
にんにく少々
1個

そのままハンバーグの作り方

手順1

挽き肉をラップで包み、7mmほどの厚さに平らに伸ばします。

そのままハンバーグ手順1

手順2

にんにくをみじん切りにして薄く油を敷いたフライパンに入れ、中火にかけます。

そのままハンバーグ手順2

手順3

香りが立ったら、挽き肉を崩さないように入れ、少し火を強めて焼き付けます。

そのままハンバーグ手順3

手順4

焼き色がついたらひっくり返し、そのまま40秒ほど焼きます。

そのままハンバーグ手順4

手順5

赤い肉汁が浮いてきたら火を弱め、蓋をして1~2分焼きます。

そのままハンバーグ手順5

手順6

火を止めて蓋をしたまま置いておきます。その間に目玉焼きを作ります。
挽き肉を皿に取り、食べやすく切って目玉焼きをのせれば完成です!

そのままハンバーグ手順6

家飲みおつまみ完成!

そのままハンバーグ完成

挽き肉は肉の表面積が広いので肉汁が流れやすく、強火で長時間焼くと縮んで固くなるので、表面を焼き固めたら、弱火で八割がた蒸し焼きにし、あとは火を止めて蓋をしたまま余熱で火を通します。
それでも、ハンバーグのように柔らかくジューシーに仕上げる工夫が一切されていないので、どうしてもパサつきがちです。それを解消するのが、半熟の目玉焼き。食べるときは黄身を崩してソース代わりにしてください。ケチャップやソースをプラスしてもいいですよ。

洋食ジャンルの家飲みおつまみレシピ

一口カツ
一口カツイメージ
10分
豚肉,卵

小さめの豚肉にパン粉をつけて揚げた一口サイズのおつまみです。

カリフラワーのハニーマスタード
カリフラワーのハニーマスタードイメージ
5分
カリフラワー

茹でたカリフラワーを粒マスタードとハチミツで和えた、サラダのような和え物のようなヘルシーなおつまみです。

塩タラのムニエル
塩タラのムニエルイメージ
5分
タラ

安くて扱いやすい塩タラを使った簡単ムニエル風のおつまみです。

アスパラとチーズの蒸し餃子
アスパラとチーズの蒸し餃子イメージ
10分
ハム,アスパラガス,餃子の皮,チーズ

餃子の皮でアスパラガスとハム、チーズを包み、フライパンで蒸し焼きにした、誰にでもできる簡単おつまみです。

鶏肉とアスパラガスのマスタード炒め
鶏肉とアスパラガスのマスタード炒めイメージ
10分
鶏肉,アスパラガス,パプリカ,ブロッコリー

冷蔵庫で長期滞在になりがちな粒マスタードを炒め物に使った、個性派簡単おつまみです。

スパイシーチキンソテー
スパイシーチキンソテーイメージ
10分
鶏肉

鶏むね肉にスパイスを揉み込んで焼いた、ヘルシーだけどパンチのきいたおつまみです。

イタリアンオープンオムレツ
イタリアンオープンオムレツイメージ
10分
アボカド,バジル,パプリカ,チーズ,卵

卵にアボカド、チーズ、パプリカ、バジリコの葉を加えて平らに焼いた、イタリアンテイストのおつまみです。

フルーティで美味しい!さつまいものオレンジ煮
フルーティで美味しい!さつまいものオレンジ煮イメージ
20分
さつまいも

さつまいもをオレンジジュースで煮ました。ワインにピッタリな甘ずっぱいフルーティーな味わいです。

TOP