たけのこのガーリックソテー

おつまみジャンル:洋食
調理の時間:5分
料理の材料:たけのこ にんにく(ガーリック) 赤唐辛子
たけのこのガーリックソテー

日本で一番出荷量の多い孟宗竹の最盛期は3~4月のわずか1か月間しかありません。
十日で竹になるといわれるほど生命力が強いため、鮮度落ちも早く収穫後は一刻も早く下処理をしなくてはなりません。
自分で掘ったたけのこならすぐに茹でることもできますが、お店で買うとなると流通の過程でどうしても1日2日は経ってしまいます。
たけのこは鮮度が何より大事!ならば時間が経った生たけのこを茹でるより収穫後ただちに処理され真空パックされた水煮たけのこのほうがいい。国産で春に出回る「新物」なら間違いありません。
たけのこの下処理は難しくはありませんが時間がかかります。でも水煮たけのこを使えば春の訪れを手軽に楽しむことができますよ。
開封したたけのこは容器に移して被るくらいの水に浸けて冷蔵庫に入れておけば4~5日は持ちます。水は毎日換えてくださいね。

こちらの家飲みおつまみ記事もオススメです!
パースニップと人参のパン粉焼き
鶏とポテトのこってり甘辛焼き
ほたてのサラダ

おつまみの材料(2人分)

たけのこのガーリックソテーの材料イメージ
茹でたけのこ小1/3個分
にんにく1片
赤唐辛子1本
オリーブオイル小さじ2
粗塩
ハーブ

たけのこのガーリックソテーの作り方

手順1

たけのこは繊維に沿って5mmくらいの厚さに切ります。

たけのこのガーリックソテー手順1

手順2

にんにくはぶつ切りに、赤唐辛子は種を取って小口切りにします。

手順3

フライパンにオリーブオイルとにんにく、赤唐辛子を入れて火にかけ、温
まったらたけのこを加え、あまり動かさないようにしてじっくりと焼きます。

たけのこのガーリックソテー手順3

手順4

軽く焦げ目がついたら裏返し、全体に油が回ったら塩を振り、好みでハーブ
をかければ完成です。

たけのこのガーリックソテー手順4

家飲みおつまみ完成!

たけのこのガーリックソテー完成

ハーブはオレガノ、バジリコ、タイム、セージ、タラゴンなど好みのもので。
ミントも面白いです。

洋食ジャンルの家飲みおつまみレシピ

チーズとろ~り♪じゃがいもとソーセージのマヨ炒め
チーズとろ~り♪じゃがいもとソーセージのマヨ炒めイメージ
10分
ソーセージ,じゃがいも,チーズ

じゃがいもとソーセージをマヨネーズで炒めました。仕上げにチーズをたっぷりとかけて仕上げます。

焼きブロッコリー
焼きブロッコリーイメージ
10分
にんにく(ガーリック),ブロッコリー,赤唐辛子

ブロッコリーを茹でずに直接焼きつけた、お手軽おつまみです。

一口カツ
一口カツイメージ
10分
豚肉,卵

小さめの豚肉にパン粉をつけて揚げた一口サイズのおつまみです。

カリフラワーのハニーマスタード
カリフラワーのハニーマスタードイメージ
5分
カリフラワー

茹でたカリフラワーを粒マスタードとハチミツで和えた、サラダのような和え物のようなヘルシーなおつまみです。

塩タラのムニエル
塩タラのムニエルイメージ
5分
タラ

安くて扱いやすい塩タラを使った簡単ムニエル風のおつまみです。

アスパラとチーズの蒸し餃子
アスパラとチーズの蒸し餃子イメージ
10分
ハム,アスパラガス,餃子の皮,チーズ

餃子の皮でアスパラガスとハム、チーズを包み、フライパンで蒸し焼きにした、誰にでもできる簡単おつまみです。

鶏肉とアスパラガスのマスタード炒め
鶏肉とアスパラガスのマスタード炒めイメージ
10分
鶏肉,アスパラガス,パプリカ,ブロッコリー

冷蔵庫で長期滞在になりがちな粒マスタードを炒め物に使った、個性派簡単おつまみです。

スパイシーチキンソテー
スパイシーチキンソテーイメージ
10分
鶏肉

鶏むね肉にスパイスを揉み込んで焼いた、ヘルシーだけどパンチのきいたおつまみです。

TOP