愛媛
後藤物産

みみいか乾物

3cmにも満たないほどの小さいイカを、ボイルしてから乾燥させた「みみいか乾物」は、地元愛媛でもめったに食べられない絶品珍味。なかでも、煮干し用のカタクチイワシの網に偶然かかったイカを使った「みみいか乾物」の新物は、別格。お酒好きならリピート間違いなし、絶好のお酒のおつまみです。
小さい体からは想像もつかないほど旨味がたっぷり詰まった晩春の瀬戸内の味覚を存分にお楽しみいただけます。
瀬戸内の恵「みみいか乾物」
蛸に似た姿で、耳がぴょんと張り出した「ボウズイカ」を「ミミイカ」と呼びますが、「後藤物産」の「みみいか乾物」は、それとは別物で、偶然網にかかった1.5cm~3cmほどの小さなイカを、ボイルしてから乾燥させたものです。水揚げ量が極端に少なく、地元でもなかなか手に入らない「みみいか乾物」は、お取り寄せでしか味わえない瀬戸内の珍味。これをおつまみにして飲むお酒は最高の一言に尽きます。
新物は別格
煮干し用のカタクチイワシの漁の解禁は5月。そのときに一緒に網にかかった6月から出回る「みみいか乾物」の新物は、まさに珍味中の珍味です。赤ちゃんイカは、いわしと同じ釜で炊かれるので、旨味が倍増。濃縮された瀬戸内の海の旨味が噛めば噛むほど滲みだします。
原材料となるイカの水揚げ自体が極めて少なく、希少な「みみいか乾物」。とっておきのおつまみでお気に入りのお酒を楽しみたい家飲みに最適です。新物が出回るのはほんの少しの期間だけなので、お見逃しなく。

TOP