愛媛
アフレル

生キャビア「法皇」

世界中のグルメ垂涎の「キャビア」は、黒い宝石とも呼ばれる超高級食材。もちろんお酒のおつまみにも最高です。最高品種のベルーガキャビアは高嶺の花ですが、「アフレル」の生キャビア「法皇」は、ベルーガキャビアに勝るとも劣らない味と食感で、並みいる食通を唸らせる銘品です。小振りながらもクリーミーな味わいをぜひご家庭でお楽しみください。
愛媛県法皇山麓の湧き水で養殖
「アフレル」の生キャビア「法皇」は、愛媛県の法皇山麓の豊富なかけ流しの湧き水で養殖したチョウザメの卵です。母魚のチョウザメは、ベステルという種類で、コチョウザメとオオチョウザメの交雑種です。ベステルのキャビアは、ロシア(旧ソ連)が開発したベルーガのキャビアに対して、卵のサイズこそ劣りますが、味や舌触りは引けを取りません。
むしろ、卵質の良さはそのままに、コチョウザメの早熟性を兼ね備えたベステルは、生産性ではベルーガをはるかに上回り、キャビア界期待の星です。
一度も過熱していない生キャビア
輸入品のキャビアは、流通のため低温殺菌されたものも多いですが、「アフレル」の生キャビア「法皇」は、一度も加熱処理されない国産品。味と風味を損なうことなく、キャビア本来の美味しさを堪能できます。
チョウザメの養殖から採卵、塩漬けまで、一貫して行われる「アフレル」の生キャビア「法皇」は、高級食材として名高いベルーガ・キャビアにも匹敵する味と品質を誇る「アフレル」の生キャビア「法皇」。オードブルに、サラダに、パスタに、サンドイッチにと大活躍。一瓶あれば、家飲みのおつまみが一気に豪華に。卵かけご飯に添えるのもおすすめ、世にも贅沢な〆の一品の完成です。

TOP