香川
瀬戸内ラスク堂

スモークチーズラスク

たくさんのフレーバーがある手作りのラスクで人気の「瀬戸内ラスク堂」が、満を持して発表した「スモークチーズラスク」。カリとした外側とサクサクの食感の中に、スモークフレーバーのチーズの旨味が閉じ込められています。おやつや軽食にもぴったりですが、何と言ってもお酒のおつまみに最高。家飲みのバストパートナーと言っても過言ではありません。
ラスクへのこだわり
「瀬戸内ラスク堂」のラスクは、ラスク専用に焼かれたカステラや食パンを使い、カステラは4日、食パンは3日かけてじっくりと焼き上げられます。フランスパンに比べて気泡が少なく、密度が濃いカステラやラスクは、水分を抜くのに時間がかかり面倒と言えば面倒ですが、小麦の甘さが感じられ、フランスパンのラスクにはない美味しさが楽しめます。
「瀬戸内ラスク堂」のラスク専用食パンは、フレーバーによって配合を変えるこだわりよう。だからこそ、ラスクになったときの美味しさが一味も二味も違います。
ファン待望のスモークチーズフレーバー
パンとチーズの相性がいいのは言わずもがな、それがスモークチーズとなれば、お酒に合わないわけがありません。スイーツ系、おつまみ系ともにさまざまなフレーバーがある「瀬戸内ラスク堂」のラスクですが、もっとも熱望されていたのはチーズのラスクに違いありません。
ようやく発売されたスモークチーズラスクは、ほのかなスモークの香りが絶妙で、女性を中心に多くのファンを獲得しています。
そのままでももちろん十分に美味しいですが、ブラックペッパーを挽かけたり、フォンデュにしたりとアレンジもいろいろ楽しめます。
カリカリサクサクの食感とスモークチーズの風味がたまらない「瀬戸内ラスク堂」の「スモークチーズラスク」。お酒好きなら見逃せない一品です。とんがる屋根が可愛いいパッケージは、贈り物にも最適です。

TOP