山口
矢次蒲鉾店

かまぼこ「萩甚」

萩名物のかまぼこは、表j面に焦げ目のない白焼きが特徴。萩沖で水揚げされたばかりの新鮮で良質な現ぎょを使った極上の味を、ぜひ家飲みのおつまみでお楽しみください。頑固に守り抜く伝統の味は、いつもの家飲みを特別なひと時にかえてくれます。
自然のうまみがいきた伝統の味
萩沖でその日に水揚げされたばかりの極上のエソを使って、熟練の技を持つ職人がたんせいこめて作り上げる「矢次蒲鉾店」のかまぼこは、どれも一級品。中でも、創業者の名前を冠した伝統の白焼きかまぼこ「萩甚」は、大切な人への贈り物にもぴったりの逸品です。
かまぼこは鮮度が命
安価な練り製品には、冷凍のすり身が使われることも多いですが、「矢次蒲鉾店」のかまぼこは、萩や下関の市場からその日のうちに仕入れた新鮮な魚を自社工場で加工してるので一味も二味も違います。その違いは一口食べれば歴然。魚本来の味がしっかりと感じられる、ご馳走と呼ぶにふさわしい一品です。
下火40分、上火5分で焼き上げた真っ白な「萩甚」は、100年を超える伝統を持つ「矢次蒲鉾店」自慢の味。厳選された新鮮な魚を使って作るからこその、本物の味をぜひご堪能ください。お酒のおつまみにすれば、いつもの家飲みの格がグンと上がること間違いなしです。

TOP