広島
堀水産

広島名物 がんす

ほかの地方では見かけない美味しくも珍しい食べ物がたくさんある広島ですが、「がんす」もその一つ。広島県人にとっては、おやつにお惣菜におつまみにと慣れ親しんだ味です。魚肉の美味しさとカツの香ばしさが一つになった「がんす」は、広島だけにとどめておくにはもったいない一品。家飲みのおつまみにも最高です。
ハムカツ?
広島名物の「がんす」は、スーパーのお惣菜売り場から居酒屋、ホテルのバイキングでも見かける広島県人のソウルフード。一見ハムカツのようですが、その中身は魚のすり身に唐辛子や玉ねぎを加え、パン粉をまぶして揚げたもの。言わば魚肉カツです。
どこか懐かしい味わいで、一度食べたら忘れられない庶民派グルメです。
揚げたてが最高
豚でもチキンでもない魚肉カツの「がんす」は、小腹が空いたときのおやつやお酒のおつまみにぴったり。カリッと揚がったアツアツ出来立ては最高です。大人なら誰でも思わず「ビール」と叫びたくなるに違いありません。
アレンジいろいろ
しっかりと味が付いている「がんす」は、そのまま食べても十分に美味しいですが、卵でとじたりカツ丼風にしたり、パンにはさんでサンドイッチやバーガーにしたりとアレンジも自由自在。手軽なおつまみからガッツリした食事まで幅広く活躍してくれます。
「堀水産」の「がんす」は、たくさん入っているので、冷凍庫に常備しておくと便利です。
広島方言の「~でがんす(~です)」から名付けられたと言われている「がんす」。どれほど広島の地に根付いているかがよくわかるネーミングです。手軽で美味しくリーズナブルとくれば、試してみない手はありません。初めてでもきっと好きになる、広島名物B級グルメ「がんす」でぜひ家飲みをお楽しみください。

TOP