岡山
広東菜館 山珍

豚まんじゅう

岡山で豚まんと言えばここ。TVや雑誌の取材が殺到する「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」は、時期によっては2か月待ちになることもある大人気商品です。こだわり抜いた自慢の豚まんは、創業当時からの味を守り、熟練の職人が一つ一つ手作りしています。岡山県内はおろか、日本中にファンを持つ絶品の「豚まんじゅう」を、ぜひご家庭でお楽しみください。
無添加 ・ 手作り
「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」は、皮も具もすべて無添加、手作りです。フワフワの皮に包まれた具は、素材の味をいかすように一種類ずつ別々に味付けされています。細部にまで手を抜かないこだわりの「豚まんじゅう」は、一度食べたら忘れられない衝撃の美味しさ。予約客のほとんどがリピーターというのも頷けます。
上手さ際立つ六種類の具
「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」には、豚角煮、うずら卵、玉ねぎ、キャベツ、挽き肉、背脂の六種類の具が入っています。
角煮は、焼いた豚肉を国産の生姜とにんにく醤油で時間煮込み角切りにしたもの。うずら卵は、角煮の煮汁に漬け込んで味をつけてあります。玉ねぎもキャベツも国産で、手作業でカット。挽き肉は細引きと粗挽きをブレンド、背脂は、岡山県産無添加醤油で煮込んでから粗切りに。
味付けのベースに角煮の煮汁を使っているので、全体的に角の取れたまろやかな味わいに仕上がっています。
レンジで温めるだけで出来たての美味しさ
「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」は、水でぬらしてラップをし、電子レンジで温めるだけの簡単調理。いつでも出来立ての美味しさを味わえます。ほんのりと甘いふっくらとした皮と、コクのある具のバランスが絶妙で、ボリュームたっぷりなのにいくつでも食べられます。しっかりと味が付いているのでお酒のおつまみにもぴったり。野菜もたっぷりなので栄養も満点です。
全国から予約が殺到する「広東菜館 山珍」の「豚まんじゅう」。軽食やおやつ、家飲みのおつまみにぜひ一度お試しください。リピ買い間違いなし、誰もが納得の美味しさです。

TOP