和歌山
紀州薬師梅

紀州薬師梅

最高級品の「南高梅」を、12種類の生薬のエキスに漬け込んだ「紀州薬師梅」は、梅本来の味と風味が味わえる逸品。化学調味料や着色料、添加物を一切使わない体に優しく安全で美味しい梅干しは、ご飯のお供やお酒のおつまみに最適です。
最高級の南高梅を使用
「南高梅」は、皮が薄く実が厚く、種が小さい梅の中でも最高級の品種です。フルーティでまるであんずのような香りがします。
そんな南高梅の中でも、大粒のものを厳選し、天日塩で1か月間塩漬けにした後、丁寧に一粒一粒裏返しながら土用干しにして乾かし、その後2週間下漬けし、レイシ、枇杷の葉、どくだみ、紫蘇、唐辛子、柿の葉、ヨモギ、ニッキ、青松葉、ウコン、マタタビ、甘茶のエキスにさらに2週間漬け込みます。
これは、日本有数の梅の産地として知られるみなべ町にある禅寺の住職が、地元の漢方医に伝わる秘法に改良を重ねた製法で、ほかには決してまねのできない絶品の「紀州薬師梅」は、こうして作りあげられます。
一度食べたら忘れられない絶品梅干し
12種類の生薬のエキスに2度漬けした「紀州薬師梅」は、あっさりとした味付けで梅干し本来の美味しさが堪能できます。ただ酸っぱいだけ、塩辛いだけの梅干しではありません。
体によく、安全で美味しいものをとの思いが詰まった逸品です。
ふっくらと大粒の「紀州薬師梅」は、一粒で食べ応え十分。一口食べれば梅の爽やかな風味と生薬のエキスの優しい旨味が口いっぱいに広がります。奥深い味わいの「紀州薬師梅」は、お酒のおつまみにぴったり。家飲みのおつまみにすれば、お酒がグンと美味しくなること間違いなしです。

TOP