奈良
平宗

ローストビーフ棒ずし

「柿の葉寿司」で知られる「平宗」の「ローストビーフ棒ずし」は、大和牛のローストビーフを贅沢に使ったこだわりの一品。関西の伝統的な押し寿司である棒寿司のニューウェーブです。
ハレの日のご馳走に、ちょっと豪華な家飲みのおつまみに、大切な人への贈り物に最適です。
大葉と辛子がアクセント
「平宗」の「ローストビーフ棒ずし」は、胡麻を混ぜ込んだ酢飯とローストビーフの間に海苔と大葉と辛子を挟んでアクセントをつけています。
さりげない工夫ですが、このトリオがあるのとないのとでは大違い。寿司とローストビーフという国境を超えた結びつきを、強固で安定した美味しさに昇華しています。
ちょっぴり贅沢、特別な日に
関西名物棒寿司と言えば、鯖や穴子が定番ですが、特別な日にはちょっと贅沢な「ローストビーフ棒ずし」がおすすめ。奈良県内の認定農場で飼育される黒毛和種「大和牛」のローストビーフを使った「天宗」の「ローストビーフ棒ずし」なら、美味しさは折り紙付き、贈り物にも最適です。
寿司ネタと言えば魚介類に限られていたのは昔の話。今や回転寿司では唐揚げや焼肉、ハンバーグをネタにした寿司が回る時代。ローストビーフが寿司ネタになっても少しもおかしくはありません。むしろどんなものでも受け止める酢飯の実力に脱帽です。「平宗」の「ローストビーフ棒ずし」は、酢飯と海苔、大葉、辛子、ローストビーフなバランスが絶妙で「さすがは老舗」と納得の逸品。お酒のおつまみにもよく合います。

TOP