兵庫
鳥一

ひねぽん

播州名物「ひねぽん」が家庭で簡単に楽しめる「鳥一」の「ひねぽん」。紀州備長炭の最高級品を惜し気もなく使い、香ばしく焼き上げた自慢の一品です。噛めば噛むほど旨味が強くなる兵庫県産ひね鶏の豊かな風味を存分に楽しめます。
播州名物「ひねぽん」
「ひねぽん」とは、卵を産まなくなった雌鶏(ひね鶏)の肉を焼き、ポン酢で味付けした播州ではおなじみのお惣菜です。居酒屋の定番メニューでもあるので、お酒に合うこと間違いなしです。
備長炭で風味豊かに
「ひねぽん」は、家庭によってお店によって作り方は様々です。炭火で焼くのが基本ですが、ひね鶏を焼くのも、フライパンだったり、網焼きだったり、グリルだっりと人それぞれ。「鳥一」のこだわりは、備長炭を使った直火焼き。最高級の紀州産備長炭をふんだんに使って焼き上げるひね鶏は、一味も二味も違います。香ばしい香りがたまらない「鳥一」の「ひねぽん」は、炭焼き屋ならではの自信作です。
姫路市のほとんどの居酒屋のメニューに載っている「ひねぽん」は、姫路市民のソウルフード。「鳥一」の「ひねぽん」は、備長炭を使った正統派。肉の旨味がギュッと詰まったひね鶏に炭火の香りが合わさってお酒のおつまみに最高です。レモン汁をかけて青ネギの小口切りをのせるとちょっとした居酒屋気分が味わえます。家飲みのおつまみにぜひお試しください。

TOP