三重
紀伊長島

鮪の3種の珍味

卵、心臓、胃袋。一尾から少量ずつしか取れない希少部位を使った「紀伊長島」の「鮪の3種の珍味」、4年もの年月をかけて完成した自信作。それぞれの部位に合った味付けが、鮪の旨味をより一層引き出しています。お酒のおつまみに、ご飯のお供に最適です。
珍味1.鮪の卵
栄養豊富で滋養強壮に役立つと言われている鮪の卵は、漁師町ですらなかなかお目にかかれない珍味中の珍味です。上品な薄味に仕立て、寒天で固めて懐石風の煮凝りに仕上げています。魚卵好きは必食です。きりっと冷やした日本酒と相性抜群です。
珍味.心臓
鮪一尾から一つしかとれない心臓は、通垂涎の希少部位。コリコリとした食感がたまりません。また、心室には、疲労回復、老化予防に効果が期待されるCoQ10(コエンザイムキューテン)が、2つの心房には、張りのある肌に欠かせないエスラチンが豊富に含まれています。
醤油ベースの旨煮に仕立ててあり、お酒にもご飯にもよく合います。
珍味3.胃袋
牛や豚のホルモンのような食感の鮪の胃袋をオリーブオイルで炒めてちょっぴりイタリアンなテイストに仕上げてあるので、ワインにもよく合います。鮪の胃袋は、牛や豚のホルモンに比べてカロリーが低いので、美容や健康が気になる人にもおすすめです。
地元でもなかなか食べる機会がない希少部位をおつまみに仕立てた「紀伊長島」の「鮪の3種の珍味」は、珍味好き、鮪好きには見逃せない絶品珍味です。それぞれの部位にマッチした味付けが絶妙で、どれもお酒を誘います。家飲みのおつまみにぜひ一度お試しください。

TOP