三重
岡田精肉店

美熊野牛 焼肉 缶詰め

「美熊野牛」は、自然豊かな熊野の高台にある岡田牧場でのみ飼育される、黒毛和種の未経産雌牛。昔ながらの、本当に美味しい肉を目指して大切に育てられる「美熊野牛」を使った「岡田精肉店」の「美熊野牛 焼肉」缶詰めは、缶詰めとは思えないクオリティで、お酒のおつまみに最高です。
「美熊野牛」とは
三重県熊野のブランド牛「美熊野牛」は、黒毛和種の未経産雌牛で、鳥取、島根、岡山、宮崎、鹿児島から、生後8~10か月の仔牛を購入し、大自然に囲まれた岡田農場でのみ飼育されます。
全頭が同一の環境、同一の飼育者によって飼育されるので、品質にばらつきがないのが「美熊野牛」の強みです。
お酒のおつまみに最高の絶品缶詰め
「美熊野牛」を唯一飼育する「岡田農場」を有する「岡田精肉店」は、明治33年の老舗。心を込めて育てた「美熊野牛」を、より多くの人に知ってもらいたいと、「美熊野牛」を使た加工品の販売もしています。
年間出荷頭数約100頭という、希少な「美熊野牛」を使った焼肉缶詰めは、牛肉好き必食の絶品です。食べ応えのあるカルビやロースの焼肉をたっぷりのたれに漬け込んであり、缶を開ければすぐに食べられます。缶ごと湯煎にして温めれば、より一層美味しくいただけます。
味は2種類
「美熊野牛 焼肉」缶詰めは、醤油味と味噌味の2種類。どちらもお酒によく合うしっかりとした味付けで、白いご飯にもよく合います。おつまみ、ご飯のおかず、また災害時の備蓄品としてもおすすめです。
「美熊野牛 焼肉」缶詰めは、大きめのお肉がゴロっと入って食べ応え十分。家飲みのおつまみにすれば、お酒が止まらなくなること間違いなしです。たれがたっぷり入っているので、温めて厚いご飯にのせれば、贅沢な牛丼に早変わりです。脂の口どけがよく、身が柔らかい「美熊野牛」は、本当に美味しい、昔ながらの牛肉の味。一度食べたら虜になること間違いなしです。

TOP