愛知
ナカモ

名古屋名物 どて煮

こってりと煮込まれた「どて煮」は、名古屋のソウルフード。地元の居酒屋でも人気のメニューの一つです。1830年、麹屋として名古屋城のすぐそばで産声を上げた「ナカモ」は、その技術と知恵を生かし、どて煮にふさわしい味噌を独自開発。手軽に楽しめる「名古屋名物 どて煮」を完成させました。赤みそのコクが決め手の「ナカモ」の「名古屋名物 どて煮」は、ビールや日本酒、焼酎のおつまみに最高。もちろんご飯のおかずにもぴったりです。
どて煮は、名古屋の定番お惣菜
牛すじや豚モツ、こんにゃくが、赤みそたっぷりのスープでこげ茶色に煮こまれたどて煮は、どこの家庭でも作られる身近なお惣菜で、名古屋の居酒屋ならメニューに載せていない店はないくらいの定番おつまみです。お好みでネギと七味唐辛子をのせてお召し上がりください。
豚モツはコラーゲンたっぷり
「ナカモ」のどて煮は、豚のホルモンが入っていてコラーゲンたっぷり。ビタミン類も豊富に含まれているので、美肌効果が期待できます。
独自ブレンドの特製味噌
どて煮の味の決め手は何といっても味噌です。地元の食品は、地元の材料が一番とのポリシーから、「ナカモ」では、愛知県産大豆「フクユタカ」を使用した赤味噌を使い、どっしりとしたコクのある味わいに仕上げています。
湯煎で温めるだけ
「ナカモ」の「名古屋名物 どて煮」は、湯煎で温めるだけの簡単調理なので、時間がないときのご飯のおかずに、家飲みのおつまみにぴったり。そのまま食べてもいいですし、豆腐を加えて煮込んだり、オムレツの具にしたりとアレンジもいろいろ楽しめます。
赤味噌の深いコクがくせになるどて煮は、名古屋が誇るB級グルメ。お酒のおつまみに最高です。家でコトコト煮込んで作るのは手間がかかりますが、「ナカモ」の「名古屋名物 どて煮」なら、いつでも食べたいときにすぐに食べられます。どて煮を食べたことがない人は、ぜひ一度お試し下し。とくに、モツ好き、お酒好きなら虜になること間違いなしです。

TOP