愛知
ヤマサちくわ

黒胡椒豆ちくわ

ピリッとしたブラックペッパーの刺激がおつまみにぴったりの「ヤマサちくわ」の「黒胡椒豆ちくわ」。手軽に食べられて家飲みのおつまみにはもってこいです。メディアでも話題の「クラタペッパー」を使用しているので胡椒の風味も抜群です。
世界で一番おいしいと謳われた幻の胡椒
中世から1960年代ごろまで、味、香り、品質、どれをとっても世界一と誉れの高かったカンボジアの胡椒ですが、内戦のため生産量が激減し、絶滅に近い状態でした。それを、古代から受け継がれた種と、農薬を使わない伝統農法で復活させたのが「クラタペッパー」です。
カルダモン山脈の麓で、現地の人たちが昔ながらの方法で栽培する「クラタペッパー」が、再び世界一の胡椒と認められる日も遠くないかもしれません。
受け継がれる老舗の味
文政10年、1827年創業の「ヤマサちくわ」のこだわりは、選び抜かれた素材と手間と技術。
グチ、エソ、ハモなど、ちくわの原材料は新鮮なものを吟味し、工場で捌いてすり身にしています。
機械化が進んだ現代ですが、個体や季節によっても微妙に違う素材の味を最大限に引き出すためには、熟練された職人の技が欠かせません。
豊橋名物「ヤマサちくわ」は、現代的なアレンジを加えながらも、創業以来変わらぬ素材にこだわった伝統の味を今に伝えます。
胡椒の香りと刺激でお酒がすすむ
「ヤマサちくわ」の「黒胡椒豆ちくわ」は、風味豊かな「クラタペッパー」の刺激がお酒にぴったりと、家飲みやオンライン飲み会のおつまみに引っ張りだこの人気商品。そのままでもいいですし、軽く炙っても美味しいです。チーズやトマトとの相性も抜群なので、ピザのトッピングにもおすすめです。
胡椒の刺激がお酒を誘う「ヤマサちくわ」の「黒胡椒豆ちくわ」。老舗ならではの魚の風味たっぷりの美味しいちくわが、よりおつまみ向きになっています。そのまま食べられて手間要らず、ミニサイズなので食べやすく、家飲みのおつまみに最適です。

TOP