岐阜
古川屋

味もこ(こもとうふ)

飛騨地方の伝統食材「こも豆腐」をご家庭で楽しめる「古川屋」の「味こも」。醤油で味付けした出汁がたっぷりしみこんでいるので、そのままで食べられ、ご飯やお酒が進みます。
飛騨の伝統食材「こも豆腐」
藁を編んだ「こも」で豆腐を包み、出汁や味つけした調味料で煮込む「こも豆腐」は、ひだ地方に伝わる郷土食で、表面についた藁の模様が特徴的。また、煮込むことで豆腐にすが入り、たくさんの気泡ができるため味が染みこみやすくなっています。
一口食べると美味しいだしがじゅわっと口いっぱいに広がり、得も言われぬ美味しさです。
味付きで手間要らず
「古川屋」の「味こも」は、「こも豆腐」を醤油味の出汁で煮込んであるので、味付け要らず。袋から出してそのまますぐに食べられます。冷たいままでも美味しいですが、袋ごと湯煎にかけて温めると、一層品よく豊かな味わいです。
古川産大豆使用
「古川屋」の「味こも」は、飛騨古川産の大豆を使って、素材の風味を損なわないように丁寧に作られています。安心安全でヘルシーな「味こも」は、ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも最適です。
優しくどこか懐かしい味わいの「こも豆腐」は、未来に伝えたい日本食の一つ。先人の知恵と工夫が詰まっています。美味しい出汁をたっぷり含んだ「古川屋」の「味こも」は、家飲みのおつまみにも、ハレの日の食卓にもぴったり。ぜひ一度お試しください。

TOP