山梨
忍沢養殖場

富士の介 甘塩仕立て

マスコミでも話題沸騰、日本初のキングサーモンとニジマスの交配魚「富士の介」は、味の良さで注目を集める新品種。まだ生産量が少なく市場ではなかなか手に入れることができない「富士の介」を、甘塩仕立てにした「忍沢養殖場」の「富士の介 甘塩仕立て」は、なかなか手に入らない希少品ですが、お酒のおつまみに最高です。こだわりの逸品をぜひご家庭でもお楽しみください。
2019年登場の新品種
「富士の介」は、山梨県水産技術センターが開発した、山梨オリジナルのブランド鱒です。鱒の中では最高級魚であるキングサーモンと、味がよく繁殖力に優れたニジマスの交配によるもので、基準をクリアーした養殖場で安全に管理されたエサを与えて育てられます。
きめ細やかでしっとりとした身質、上品で旨味のある脂、食卓に映える鮮やかなサーモンピンクの身色と魅力が満載。味の良さ、身の美しさは折り紙付きで、食のプロの中でも人気上昇中ですが、まだ生産量が少なく市場ではなかなか手に入らない貴重品です。
限られた養殖場でしか育てられない「富士の介」は、食通の間でも垂涎の的。そんな「富士の介」をおつまみにできる贅沢をお見逃しなく。間違いなく、いつもとは違った至福の家飲み時間を過ごせます。ほのかな塩味に引き出された、「富士の介」本来の深い旨味をお楽しみください。

TOP