山梨
かいや

あわびの煮貝

著名人にもファンが多い「かいや」の「あわびの煮貝」。希少な国産あわびを、独自の製法で歯触りよく風味豊かに仕上げています。塩辛さも生臭みもまったくない「かいや」の「あわびの煮貝」は、お酒のおつまみに最適。スライスしただけで何もつけずにそのままいただけます。大切な人へのご贈答にもおすすめです。
甲州名物「鮑の煮貝」
「鮑の煮貝」は、甲州領主武田信玄公以来の甲州名物。海のない山梨で海産物が名物となる不思議には諸説ありますが、駿河湾で獲れた鮑を煮て馬で運ぶうちに、丁度いい具会に鮑に味が染み、甲州で最高の煮貝に仕上がったのが、由来とか。江戸時代には鮑の煮貝が名物として定着し、以来、山梨では鮑の煮貝が作り続けられています。
現在は馬で運ぶようなことはありませんが、「かいや」では、伝統の味を踏襲しつつ、独自の方法でより美味しく鮑の風味をいかした「あわびの煮貝」を製造販売しています。
国産鮑を使った贅沢な一品
「かいや」の「あわびの煮貝」は、希少な国産の鮑を使った贅沢な一品。決して安くはありませんがそれだけの価値は十分にあります。独自の製法で、生の鮑のモチモチコリコリとした食感や鮑ならではの風味はいかしつつ、マイルドで芳醇な味わいに仕上げてあります。ほのかな磯の香りは嫌味がなく、お酒がどんどん進みます。
ふっくらとやわらかく煮た鮑をおつまみに家飲み。これ以上の幸福はちょっとないかもしれません。
「かいや」の「あわびの煮貝」は、鮑の旨味が最大限に引き出された逸品。ゴリゴリと硬い煮貝や、醤油辛い煮貝しか食べたことがない人は、きっと驚くに違いありません。スライスしてレモン汁をかけていただくのが一般的ですが、「かいや」の「あわびの煮貝」は、そのまま食べても十分美味しいです。

TOP