福井
大谷商店

福井の米かま てっぴ入り

スケソウダラに米を練り込んだ米かまは、蒲鉾品評会で会長賞を獲得した名品。普通のかまぼこよりもっちりとした歯ごたえが身上です。
「てっぴ入り」は、そこに若狭高浜特産のトラフグの皮を練り込んだ贅沢な一品。蒲鉾の美味しさとフグの皮の歯ごたえが同時に味わえ、お酒のおつまみにぴったりです。
米どころ福井ならではの米かま
日本有数の米どころ福井。福井県産のコシヒカリを玄米のまま粉にして蒲鉾に練り込んだ「米かま」は、つるんと滑らかな舌触りと、むっちりとした歯ごたえが特徴です。
切ってわさび醤油でいただくと、普通の蒲鉾との違いがよくわかります。
フグの皮入り
「てっぴ」とはフグの皮のことで、珍味として知られています。「米かま てっぴ入り」は、若狭高浜特産の養殖のトラフグの皮を、丁寧に処理し湯引きして、練り込んであります。もっちりとした米かまの口当たりとともに、コリっとしたてっぴの食感も味わえます。
「大谷商店」の「米かま」は、福井特産の「獅子柚子」もあり、爽やかな香りでこちらも人気です。
。何も入っていないノーマルタイプや、「獅子柚子入り」は軽く炙っても美味しいですが、「てっぴ入り」は、フグの皮の成分が溶け出てしまうため、加熱には向きません。生のままで新鮮な食感をお楽しみください。
普通の蒲鉾とは一味も二味も違う「大谷商店」の「米かま」。いろいろな食感とフグ皮の風味が味わえる「てっぴ入り」は、お酒のおつまみにぴったりです。家飲みのおつまみにして、普段食べている蒲鉾と食べ比べてみるのも楽しいです。

TOP