富山
浜浦水産

げんげの一夜干し

知る人ぞ知る富山湾の美味ゲンゲを一夜干しにした「浜浦水産」の「げんげの干物」は、お酒のおつまみにぴったりの絶品珍味です。薄い身ながら脂がたっぷりとのった「げんげの干物」は、一度食べたら病みつきになる美味しさ。幻の魚ゲンゲの魅力をご堪能ください。
ゲンゲとは?
マスコミで取り上げられ、人気急上昇中のゲンゲ。富山湾の深海で獲れる美味しい魚ですが、深海魚だけに見た目が個性的で、かつては「下の下」だからゲンゲと呼ばれていたのだとか。今では外見からは想像もつかない味の良さが広く知られ、幻魚と書いてゲンゲともませることもあるくらい人気があります。
ゲンゲは、全身がゼリー状のプルプルの皮で覆われていますが、この皮には上質なコラーゲンがたっぷり。煮ても焼いても美味しいですが、天ぷらも絶品です。
ゲンゲは干物が一番
どう調理しても美味しいゲンゲですが、一番のおすすめは干物です。ほどよく水分が抜けたゲンゲは、ぺちゃんこになって食べるところがあるの?と心配になりますが、薄い身ながら脂ののりは抜群でまさに絶品。炙ると滴る脂で煙がもうもうと上がるほどです。ギュッと凝縮された旨味はお酒にぴったり。おつまみにすればお酒がどんどん進みます。
げんげは骨が柔らかいので干物にすると頭からバリバリ食べられます。焦げないように弱火で両面を炙って食べるとほっぺたが落ちそうです。幻の魚ゲンゲの干物で家飲みができるなんて最高です。

TOP