千葉
やます

鯵さんが焼

三枚におろした鯵に、生姜や大葉、味噌を加えて叩いた「鯵さんが」をさらに焼いた「鯵さんが焼」。器のホタテの貝殻が本場の雰囲気です。磯の香りと大葉の爽やかさが病みつきになる「鯵さんが焼」は、お酒のおつまみに最適です。
「鯵さんが焼」とは
千葉の伝統的な漁師料理「鯵さんが」。それをさらに焼いた「鯵さんが焼」は、地元ではご飯のおかずに、お酒のおつまみに頻繁に登場する人気の家庭料理です。
叩いた鯵に生姜や大葉、味噌を混ぜてさらに叩いた「鯵さんが」を、網やフライパンで香ばしく焼いた「鯵さんが焼」は、鰺のハンバーグと言ったところです。
「やます」の「鯵さんが焼」は、本物のホタテの貝殻を器にしてあるので、雰囲気も抜群です。
湯煎かレンジで温めるだけ
人気の郷土料理「鯵さんが焼」ですが、一から手作りするとなるとけっこう大変です。そこへいくと、「やます」の「鯵さんが焼」は、袋のまま3分ほど湯煎にかけるか、袋に穴を開けて電子レンジで1~2分温めるだけの手間要らず。普段料理をしない人でも何の問題もありません。
温めた「鯵さんが焼」は、刻みネギや大根おろしを添えたり、ぽん酢をかけたりしてお召し上がりください。お酒が進むこと請け合いです。
千葉で水揚げされた新鮮な鯵を使った「やます」の「鯵さんが焼」は、味はもちろんのこと、ホタテん貝殻にのったちょっと粋な一品で、家飲みの雰囲気を盛り上げること間違いなしです。

TOP