千葉
やます

鯵さんが餃子

千葉の郷土料理「鯵さんが」を餃子の具にした「鯵さんが餃子」は、餃子なのにあと口さっぱり。すっきりとした味わいはお酒のおつまみにも最適で、病みつきになる美味しさです。
千葉の郷土料理「鯵さんが」
「鯵さんが」とは、豊かな漁場に恵まれた千葉の漁師料理で、叩いた鯵の身に生姜や大葉を混ぜ、さらに叩いたもので、お酒のおつまみの定番「なめろう」の一種です。
郷土料理と中華料理のコラボ
「鯵さんが餃子」は、餃子の皮で「鯵さんが」を包んだ画期的な餃子です。具のベースが魚なので、普通の肉餃子に比べてあっさりとして軽く、いくらでも食べられます。
フライパンで焼くだけ
「鯵さんが」を包んだ生餃子を瞬間冷凍してお届け。食べたいときに食べたい分だけ調理できるのでとても便利です。調理方法はとても簡単で、凍ったままの「鯵さんが餃子」を薄く油を敷いたフライパンに並べ、熱湯を注いで蓋をし、約4分蒸し焼きにしたあと蓋を取って水分を飛ばし、油適量を回し入れ、餃子の底に焼き色が付いたら完成です。
千葉ではご飯のおかずやお酒のおつまみに定番の「鯵さんが」を餃子に仕立てた「鯵さんが餃子」。伝統の味をいかした珍しい餃子は、メディアにも取り上げられ大人気です。
まだ食べたことがない人は、この機会にぜひお試しください。魚が苦手な人でも抵抗なく食べられます。家飲みのお供の定番になること間違いなしです。

TOP