東京
梅藤水産

焼くさや

その強烈なにおいから家庭で調理することを敬遠する人も多いくさやですが、「梅藤水産」の「焼くさや」なら、すでに焼いてあるので、ご近所に気を使う必要もありません。お酒にぴったり、江戸時代から親しまれているくさやを、手軽に楽しめます。
においも煙も気にならない
「くさいからくさや」と言うくらい、くさやのにおいは強烈で独特です。世界でも5番目にくさいと言われるくさやは、焼くときの煙もまた大変なにおいです。好きな人にはこのにおいもまたご馳走ですが、苦手な人も多いので自宅で焼くには覚悟が必要です。
「梅藤水産」の「焼くさや」は、あらかじめ焼いてあるので、手間もかからず、くさやを焼くときのにおいも気にせずに済み、とても便利です。
手軽で便利
「梅藤水産」の「焼くさや」は、焼いたくさやから骨と皮を外し、身だけをちぎって真空パックしてあるので、食べやすく、魚を食べる煩わしさが一切ありません。
食べたくなったときにすぐに食べられるので、家飲みのおつまみにはもってこいです。
新鮮なムロアジを使用
くさやの本場伊豆諸島では、くさやはアジのほかトビウオやサンマなど、いろいろな魚で作られますが、「梅藤水産」の「焼くさや」は、脂ののったムロアジを使用しているので、食べごたえたっぷり。日本酒やビールのおつまみにぴったりです。ちょっと意外かもしれませんが、ワインに合わせてみるのも面白いです。
くさいと敬遠されがちなくさやですが、一度食べると病みつきになる美味しさです。とくにお酒のおつまみには絶品。自分で焼くにはハードルが高いくさやも、「梅藤水産」の「焼くさや」なら大丈夫。家飲みのおつまみに常備しておけば、誰にも気兼ねなくくさやを楽しめます。

TOP