群馬
前沢屋

焼まんじゅう

上州名物の焼きまんじゅうを家庭で手軽に食べられる前沢屋の「焼きまんじゅう」。冷凍、冷蔵の両方があり、冷蔵品は電子レンジで温めるだけの手軽さです。おやつや軽食にぴったりの焼きまんじゅうですが、前沢屋の甘辛い特製の味噌だれは、お酒にもよく合います。
焼きまんじゅうとは
焼きまんじゅうとは、蒸したまんじゅうに味噌を塗って焼いた上州の伝統食です。上州では昔から食べられている名物ですが、ほかの地域では見かけることがないので、食べたことがないという人も多いです。
麹醗酵させてから蒸したまんじゅうは、まんじゅうというよりパンに近い食感で、初めて口にした人は驚くかもしれません。
噛み応えのあるまんじゅうと濃いめの味噌だれ
名物というだけあって、群馬県には焼きまんじゅうのお店がたくさんありますが、まんじゅうだけを見ても、ふっくらと柔らかいタイプ、モチっとした弾力のあるタイプ、大きいもの小さいものとさまざまです。もちろん味噌だれも、甘味が勝ったもの、辛口のものとお店独自の工夫が凝らされています。
前沢屋の「焼きまんじゅう」は、ちょっと小さ目で、噛み応えのあるハードタイプ。味噌だれは、甘さと辛さのバランスがいい濃いめの味付けで、どっしりとした日本酒にぴったりです。
群馬県民のソウルフード、焼きまんじゅう。麹醗酵のまんじゅうとこっくりと甘辛い味噌だれに、お酒がどんどん進みます。
焼きまんじゅうは、群馬では家飲みおつまみの定番です。ぜひ一度試してみてください。

TOP