秋田
三浦米太郎商店

炙りはたはた麹漬け

秋田県民が愛して止まないハタハタを、米麹に漬けてからこんがりと炙った「炙りはたはた麹漬け」は、米麹のふんわりとした優しい甘さが後を引く絶品です。ご飯のお供やお酒のおつまみにぴったりです。
秋田の県魚、ハタハタ
12月頃、轟く雷鳴とともに海底から浮上するハタハタ。煮物、焼き物、鍋物、干物、漬け魚、魚醤、熟れ鮨と、さまざまに加工され食されている、秋田の名物魚です。
旨味が濃く、加熱しても身が固くならずふっくらとしているのが特徴です。身離れもよく食べやすいので、子どもにも人気がある魚です。
米麹の旨味でさらに美味しさアップ
ほんのりと甘い米麹に漬け込むことで、ハタハタ本来の美味しさをさらに引き出した「炙りはたはた麹漬け」は、パッキングの後、加熱加圧殺菌処理を施してあるので、骨まで食べることができる柔らかさ。
なので、「魚は骨を取るのが面倒で」という人でも手軽に食べられます。さらに、骨を気にせず食べられるので、ご飯もお酒もどんどんいけちゃいます。
お酒のおつまみに魚を食べたいけれど、酔ってくると骨を取るのはちょっと面倒だという人は少なくありません。家飲みだと片づけも面倒です。そこへいくと、三浦米太郎商店の「炙りはたはた?漬け」は、骨ごと丸っと食べられるので言うことなしです。
秋田名物のハタハタをつまみに、秋田の地酒で家飲みなんて、お酒好きには堪えられません。

TOP