宮城
瀧口商店

牡蠣みそ煮

宮城県産の良質な牡蠣を、手作業でじっくりと煮こんだ「瀧口商店」の「牡蠣みそ煮」は、ちょっと甘めの味付けがご飯のおかずにもお酒のおつまみにもぴったりです。
「万石浦からのお便り」
牡鹿半島の付け根に位置する万石浦は、海苔や浅利、牡蠣の養殖が盛んです。そんな万石浦に加工場を持つ「瀧口商店」は、新鮮な魚介類を使った美味しい佃煮やお惣菜を作っては、「万石浦からのお便り」をキャッチフレーズに、全国に発信しています。全て手作業のため大量生産はできませんが、一つ一つ素材の個性を見極めて作る商品は、どれも一度食べたら忘れられない絶品ばかりです。
手間暇かけたこだわりの一品
「瀧口商店」の「牡蠣みそ煮」は、水揚げされたばかりの新鮮な牡蠣の殻を剥くところから始まります。ふっくらとジューシーに仕上げるため、下茹ではせず、八丁味噌をベースにした特製の調味料で、生のままの状態からじっくりと炊き上げます。
牡蠣の状態を見極めながら毎回、調味料を加減するため、工程はすべて手作業です。ちょっと甘めでご飯やお酒がすすむ「瀧口商店」の「牡蠣みそ煮」は、家飲みのおつまみに最適です。
時間をかけて丁寧に作られた「瀧口商店」の「牡蠣みそ煮」は、一口食べればかきの旨味と味噌のコクが混然一体となって、後を引く美味しさです。アツアツのご飯にはもちろん、お弁当のおかずにもぴったりな「牡蠣みそ煮」。もちろんお酒との相性も抜群です。家飲みのおつまみにすれば、お酒がすすむここと間違いなしです。
エリアで選ぶ
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
海外エリア
条件で選ぶ

TOP