宮城
亀山精肉店、からくわ精肉店、ミートよねくら、スーパー片浜屋

気仙沼ホルモン セット

味噌で下味をつけてこんがりと焼いた豚のモツを、キャベツとウスターソースで食べる「気仙沼ホルモン」は、お酒のおつまみにはもちろん、ご飯のおかずやBBQでも大人気です。宮城県気仙沼のソウルフード「気仙沼ホルモン」を手軽に食べられる「気仙沼ホルモンセット」は、お酒のおつまみにぴったり。家飲みのお供にぜひどうぞ。
気仙沼ホルモンの由来
下味をつけてから炭火で焼いたホルモンを、キャベツと一緒に食べる「気仙沼ホルモン」は、気仙沼のソウルフードです。
漁業、養殖、水産加工、造船と、海にまつわる産業が発達している気仙沼は、まさに海の街。海で働く人たちがたくさん住んでいます。食べるものも海産物が多く、とくに船の上で長い時間を過ごす漁師は、ずっと魚料理が続くため、陸に戻ったときには、ここぞとばかりに肉を求めます。安くて美味しいホルモンは、肉料理に飢えた漁師たちにはうってつけで、野菜不足解消のためにキャベツを添えて出したところ大ヒット。以来、「気仙沼ホルモン」として地元の人に親しまれています。
気仙沼ホルモンの定義
「気仙沼ホルモン」を名乗る商品はいくつもありますが、気仙沼ホルモンには、絶対に外せない三つの定義があります。
まず一つ目は、下味をつけた豚の白もつと赤もつを使うこと。二つ目は、炭火でこんがりと焼くこと。三つ目は、千切ったキャベツにウスターソースをかけて一緒に食べることです。
下味はにんにく味噌がスタンダードですが、最近では塩や辛口など、バリエーションも増えています。
焼いたり湯煎にかけたり、タイプはお好みで
「気仙沼ホルモンセット」は、下味をつけた生ホルモンを、焼いて仕上げるタイプと、加熱調理済みのホルモンを湯煎にかけるタイプがあります。生タイプは、焼く手間はかかりますが、本場に違い味が再現できます。湯煎タイプは手間要らず。食べたいときにすぐに美味しい「気仙沼ホルモン」が食べられます。
「気仙沼ホルモン」は、ご飯にもお酒のもよく合う気仙沼のB級グルメ。バーベキューや、気の置けない友だちとの家飲みには最適なおつまみです。豚のホルモンを一から処理するのはちょっと面倒ですが、「気仙沼ホルモンセット」なら簡単に美味しい「気仙沼ホルモン」が堪能できます。こんがりと焼けたホルモンと、ホルモンのタレとウスターソースがしみたキャベツのコラボレーションは、一度食べたら忘れられない衝撃の味。お酒が止まらなくなること請け合いです。
エリアで選ぶ
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
海外エリア
条件で選ぶ

TOP