岩手
山田の牡蠣くん

山田のあかちゃん

岩手県は山田湾の牡蠣を使った商品で有名な水産加工会社「山田の牡蠣くん」。看板商品は牡蠣の燻製ですが、隠れたヒット商品がこの「山田のあかちゃん」。産地以外では手に入らない、天然のアカザラ貝のむき身だけを使った、燻製オイル漬けです。
マスコミでも取り上げられ、話題沸騰。貝好きはもちろん、燻製好きにもたまらない絶品おつまみです。
幻の貝、アカザラ貝
アカザラ貝は、ホタテと同じエサで育つ小振りの二枚貝です。形状こそホタテと似ていますが、殻は赤っぽい茶褐色で、鮮度落ちが速く、産地以外ではほとんど目にすることはありません。ホタテのエサを食べてしまうので、養殖業者にとっては厄介者ですが、実は味はホタテよりよく、旨味も濃いと評判で、地元では好んで食されています。
ただし、鮮度落ちが速いことに加え、殻がとてももろく、水揚げの際にほとんどが傷ついてしまうもで、なかなか流通せず、幻の貝とも呼ばれています。
貝と、醤油と、オリーブオイル
「山田の牡蠣くん」の「山田のあかちゃん」は、アカザラ貝を香り高い桜チップで燻製にしたあと、オレイン酸が豊富なオリーブオイルでオイル漬けにしています。貝本来の美味しさを味わえるように、味付けは創業200余年を誇る岩手の老舗醸造所「八木沢商店」の無添加醤油「丸むらさき」だけを使用。ホタテより美味しいと評判の幻の貝の味を、心ゆくまで堪能できます。
そのままでもアレンジしても
良質な素材だけを使い、極限までシンプルに作り上げた「山田のあかちゃん」。もちろんそのままでも100点満点のおつまみですが、サラダに加えたり、パスタに使ったりと、アレンジも自由自在。貝の旨味が溶け出したオイルも絶品なので、パンにつけたり、ドレッシングに使ったり、料理の隠し味に加えたりと、有効活用してください。
「山田のあかちゃん」が一瓶あれば、家飲みおつまみのバリエーションがいくらでも広がります。
美味しいおつまみがある家飲みは、まさに至福の時。産地でしか食べられない幻の貝をおつまみにできるなんて、これ以上の喜びはありません。「山田のあかちゃん」は、そんな極上の家飲みを約束してくれる絶品おつまみです。
エリアで選ぶ
中部エリア
近畿エリア
中国・四国エリア
海外エリア
条件で選ぶ

TOP