青森
ディメール

鯖のスモーク

脂ののった「八戸前沖さば」を燻製にした「ディメール」の「鯖のスモーク」は、「青森県ふるさと食品コンクール」で「青森県物産振興協会賞」を受賞したこともある絶品おつまみです。鯖に最適な温度で燻製にした、まるで生ハムのようなしっとりとした鯖のスモークは、お酒のおつまみにぴったりです。
栄養価が高い「八戸前沖さば」
海水温が低くなるほどに脂肪を蓄え美味しくなるさば。日本最北端のさばの漁場である八戸前沖は、ほかの漁場に先駆け、秋口から海水温が下がり始めるので、八戸前沖で水揚げされるさばが、美味しいのも道理です。
さらに、健康効果が期待されるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの栄養素も豊富に含んでいます。
こだわりの燻製温度
燻製は、高温で短時間で仕上げる熱燻、もっとも一般的な温燻製、低い温度で時間をかけて燻す冷燻の3つに分けられますが、「ディメール」の「鯖のスモーク」は、約20℃の低温で時間をかけて仕上げる冷燻にこだわっています。
じっくりと燻すことで、やわらかで優しい桜の香りをまとった、しっとりと柔らかい燻製に仕上がります。
まるで生ハムのような口当たりは冷燻だからこそ。手間暇かけた「ディメール」の「鯖のスモーク」は、ほかでは味わえない一級品です。
スライス済みで食べやすい
「ディメール」の「鯖のスモーク」は、薄くスライスされているので、お皿に出すだけですぐに食べられます。手間をかけずに美味しいおつまみでゆっくり飲みたい家飲みにはうってつけです。
キラキラと輝く脂が美しい「ディメール」の「鯖のスモーク」。薄くきれいにスライスされているので、食べたいときにすぐに食べられ、手間は一切かかりません。上品な薫香としっとりとした口当たりは、おしゃれな家飲みおつまみにぴったり。ビールや日本酒はもちろん、ワインにもよく合う絶品です。

TOP